タイ

生きてます!

 

 

 

こんにちはっ!

また、間空いてしまいました。。
ご心配のコメント頂いた方、ブログを訪問して下さっていた方、本当すみません…。

 

 

この間、無事退院致しました!

 

 

ご心配して頂いた方、本当にありがとうございます。

コメントの返信も必ずさせて頂きます!
いつも遅くて本当すみません。。

 

 

退院後、体調はまだ万全ではなかったんですが
食欲も徐々に戻り、いつも通りの生活に戻っていきました。

でも、やはりタイの食事や水が合わないようで、
回復しては体調を崩し、良くなってはまた気持ち悪くなり…の繰り返しでした。

 

 

黙って寝てれば何ともないんですが、何か食べた後や、脈の上がる事をしてしまうと気持ち悪くてしょうがありませんでした。

長く歩いたり、立ったりする事がきつくて
トイレもすぐ近くにないと不安で。

 

 

そうしているうちにブログを書く事からも離れてしまい。。。

今に至ります。

 

 

今現在は、食欲もほとんど戻り

食べて少しすると、相変わらず腹痛や吐き気は襲ってくるものの
下痢も止まり、トイレが近くになくても大丈夫です!笑

 

 

コメントをたくさん頂いて
ブログ書こう!って思いました。

 

 

いつも思いますが

私のブログは、ただの旅行者の日記で
決して為になるような情報を発信したり、旅に必要な知識を紹介したりするものではありません。

 

 

感じたことを、どストレートに書いて
ドジした事をそのまま書き留めているだけの、出来ない女子の旅日記。

自己満です。
誰かに、あ〜こんなバカでも旅出来るのか~って思ってもらえるくらいが丁度いい。笑

 

 

ブロガー気取る気はさらさら無いし、ブロガーがイケてるとも思ってませんが
楽しみにして下さっている方がいる限り、ブログ書き続けたいです!

たまにサボりますが、これからも宜しくお願いします!

 

 

 

 

では、入院当日のこと書きますね。笑
興味があったら読んで下さい!

 

 

体調がMAX悪くなり、次の日の早朝、病院へ。

着くなりすぐに身長・体重測定。

 

 

え!?それ必要なの・・!?

と、体重計に乗るのを躊躇…笑

 

 

ちょっと、体重計るなら真っ裸にさせて下さいよ。
服着たままなんて重いじゃん!

ちゃんと0.5kg分引いてよ!

 

 

こんなに体調が悪くても

いかに軽くしようか、と
ポッケの中身を全部出したり、

靴のままでいいって書いてるのに、靴脱いだり。笑

 

 

 

熱があろうと、吐き気があろうと、デブは必死なわけです。

 

 

 

そして、すぐに医師の診断。
日本語の話せる医師がいたので安心です。

症状を全部話し、いつから続いているのか、前回タイに来た時も
似た症状で苦しんだとか、なるべく細かく話しました。

 

 

すると

 

 

医師:『ん~。それは、つらいね~。熱も高いし、入院だね~。』

 

 

 

はい?(・∀・)

 

 

 

にゅ、にゅういんーーーーーーー!?

え、いいんですか?
入院ですか?

日本でもしばらく入院なんてしてませんけど。笑

 

 

ビックリしましたが、正直、ちょっとラッキー!という気持ちもありました。
ラッキーなんて言ったら、怒られそうですが・・。

 

 

でも、その日もソンクランで、
病院の帰りがちょっと心配でした。

こんな状態で、宿に着くまでにまた水掛けられてびしょ濡れになったりでもしたら。。。

 

 

宿に戻ってもエアコンのない
暑ーーーい部屋に、一日中いることになる。

 

 

その分、病院にいれば、
お薬も出してもらえるし、快適な部屋でゆっくり休養が出来る。

ごはんだって出るし、宿に1人でいるよりずっと安心。

 

 

 

・・・ということで

私、あっさり入院です。

 

 

 

すぐに点滴が始まりました。

そして、なぜか車椅子でお迎えが来て…

 

 

『これに乗って。病室まで案内します。』

 

 

あのー、1人で歩けるんですけどぉ…(;´Д`
な、なんかちょっと恥ずかしいな。

って、車椅子に乗せられ、
完全、病人扱い。まぁ病人なんだけど。

 

 

車椅子に乗ったのは、もう何年ぶりだろう。

 

小学生の頃、膝をケガして手術を受けたとき、
歩いたり、走ったり出来ない私は、毎日身体を持て余し

車椅子に乗って、いつも病院の廊下を暴走していました。
スピードを上げたまま、曲がるカーブが楽しくて楽しくて。笑

 

 

同じ患者さんや、看護婦さんには

車椅子の暴走族

って呼ばれていました。
1人だけど。

 

 

今思うとなんてバカで、常識のない子だったんだ、って恥ずかしいですが。
母親にいつも怒られて、本当に迷惑なガキでした。笑

 

 

車椅子に乗りながら、そんなくだらない思い出を思い出して、
あー、ちょっと久々に暴走したい、という気持ちに

・・・は、なりません。笑

 

 

 

そして、病室に到着。

 

 

 

・・・(゚ロ゚;)

 

 

 

唖然でした。

こんなんですよ?

 

 

337.jpg 338.jpg 339.jpg

 

 

 

あー、完全に保険会社から医療費吸い取る気だな…って思いました。笑

 

個室で、トイレ・シャワーも付いてて、
シャンプーやボディソープも完備。

 

ベットの向いには、大きなハイビジョンテレビ。
ソファが2つに冷蔵庫や、電子レンジまで。

 

グリーンティーやレモンティー、HOTチョコレートだって飲めるんですから!
その辺のホテルよりレベル高いですよ。

 

 

そして毎朝、読売新聞のサービス。

 

 

あぁ、もっと元気なときに来たかった・・。笑

 

 

 

病院食は、メニューから自分の好きなもの選べますからね。

 

 

先生が病室をまわりに来たときは、

『ん~、これあんまり食べない方がいいねぇ。』

 

・・・って
ちょっと先生、患者の食事把握してないんですか?笑

 

 

 

ちなみに、こんなんでした!

346.jpg

スープがめちゃくちゃおいしいです!
優しい味でした!

 

 

355.jpg

マッシュポテトが甘くておいしい!!
素朴で、こちらも優しい味でした。

 

 

347.jpg

病院でパンケーキ食べれると思ってませんでした。笑

 

 

341.jpg

味噌スープ!味は薄いけど、身体にしみます。

 

 

352.jpg

食パン、単純においしかったです。笑

 

 

349.jpg

麺がガチガチでした。笑
味はGOOD!

 

 

 

うん、写真撮る余裕はあったみたいですね。

ちなみに美味しかった順です。(*´ェ`*)
病院食にまでランキングつける私って・・・。

 

 

それでも最初は、食事のにおいで気持ち悪くなり
ほとんど口に出来ませんでした。

かろうじてスープだけ。
固形物は食べれません。

 

 

そして食事の後は
何錠も薬を飲み、数十分おきにお腹が痛み、ベットとトイレの往復。

 

 

点滴は1日中で腕が痛み…

345.jpg

 

 

起き上がるとすぐに気持ち悪くなり
最初はトイレに行くのもヨタヨタでした。

看護婦さんは、片言の英語と、ほとんどタイ語。
何言ってるかわかんないけど、みんなすごく優しくしてくれました。

 

 

そして数日かけて
少しずつ元気になって、ついに

退院!!!

 

 

どっさり薬をもらい、タクシーで宿に戻りました。

 

 

病院の先生は最後に

『これからは屋台ダメね。野菜、水、油、海鮮、辛いもの、すっぱいもの、ダメね。』

 

 

 

そ、それ…全部だよね?笑

私、何食べて生きていけばいいの?(・∀・)

 

 

 

って、今後のタイでの滞在に不安を持ちながらも
我が宿に戻って来ました!

 

ソンクランで出会った日本人の人たちは
もう半分以上いなくて

なんか一気に人が減って
ちょっと寂しかったけど・・

 

やっぱり健康第一ですね!!!

 

 

 

心配して頂いた方、助けてくれた方、
ありがとうございました。

私、生きてます。

 

 

 

それからお母さん。。

 

私が苦しいときに、同じくらい、いや、それ以上に苦しんでたお母さんのメール。
心配かけてごめんなさい。

私のブログの存在なんて、知らないはずだけど。
ごめんね、お母さん。。

 

 

 

親に心配かけちゃダメですね。
ただでさえ旅に出て心配かけてるのに・・

 

 

 

皆さんもタイに来たときはお気をつけて!

 

てか、私
もう少し自己管理ちゃんとします。。汗

 

 

ではっ!