アルゼンチン

死を覚悟した日。-前編-

 

 


こんにちはっ!
無事、タイに到着しました!

 

 

トラブルと言えば、今回は、

飛行機が
ちょっと・・墜落するんじゃ・・

って不安になるパイロットの操縦程度で

 

 

タイに着いたあとも、
チェックインした宿のベットに

南京虫が8匹いた程度で、

 

 

あとは、えーと、

 

 

スキミングに遭っていた事が発覚した程度でしょうか!!!!!

助けて下さい・・(´;ω;`)笑

 

 

 

ついこの前、

クレジットのキャッシングが
急に出来なくなったんです。

 

 

おかしいなと思っていたら
ミカちゃんから連絡が。

『カードが不正利用されてるかもって!!!』

 

 

 

・・な、なんだと?(゚д゚)

 

 

 

 

そして昨日、
銀行に電話すると・・

『世界各地でお金が引き落とされていたので、不審に思い、一度カードを止めさせて頂きました。』

 

 

 

あ、なんだ。

 

 

それは全部
私が引き出し・・

 

『エジプト、ケニア、アメリカ、バングラデシュですね。』

 

 

 

・・・てません!!

 

アメリカ行ってません!!!笑

行ったの去年の10月です!!!!(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

『アメリカで8万円のキャッシング履歴がありますねぇ。全部で6回。』

 

『・・・。(((((((( ;゚Д゚)))))))』

 

 

『でも全て、取引不成立になっていますねぇ。』

 

 

 

 

生きた心地がしない瞬間でした(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

前置き長くなりましたが、、笑

本日は、ついに

 

あのフィッツロイに出発です!

 

 

6時間のトレッキング・・

 

 

が、私たちは
るーさんのわがままによって

キャンプをすることになりました。

 

 

 

テントや寝袋など

その他キャンプに必要なものを
アウトドアショップでレンタルして

まず途中地点の
【ポインセノット】というキャンプ場まで行きます。

 

 

 

そこまでが

大体4時間半ほどかかるとか・・

 

 

 

そこで一泊してから
今度は、朝5時くらいに出発。

フィッツロイが全面に見れる
パノラマ地点まで

約1~2時間かかるとか・・

 

 

 

過酷以外の何者でもない・・

 

 

 

なんせ、この時
南米は秋。

 

 

秋と言っても

日本みたいに、
少し残暑が残る、過ごしやすい秋とは違います。


 

普通に雪降ります。

 

 

 

 

 

今日はそんな
オフシーズンのフィッツロイトレッキング。

死の恐怖が襲ってきた過酷な2日間。
前編をお話したいと思います。

 

 

 

 

 

まずは、前日に調べておいた
キャンプ用品をレンタル出来るショップへ。

テントや寝袋、マットなど
必要と思われるものをチョイス。

 

 

 

 

お互い入れられるだけ
カバンに詰め込みます。

s-IMG_6354.jpg

 

 

 

 

るーさんは
旅で使っているメインバックへ。

私はサブバックのリュックの方へ。

 

 

 

るーさんのメインバックは

恐らく
10㌔以上はあると思われます。

 

 

私のリュックは見た目小さいですが
これでもたぶん

6~7㌔はあります。

 

 

 

私たちはキャンプをするので仕方ありません。

 

 

クソ重いバックを持って
キャンプポイントまで数時間、

 

歩かなければいけないのです。

 

 

 

 

出発前に、
近くにあった公園にて。

s-IMG_9124.jpg

 

ブランコ好きな話は前にしましたよね(*´ェ`*)笑

 

 

 

 

この後、
思いっ切りコケます。

s-IMG_9125.jpg

 

 

 

 

そんな、
女の子みたいなことが出来たのも

この時だけ。

 

 

この後、
冗談でも楽しいと言えない

地獄のトレッキングが待っております。。

 

 

 

あぁ、もう帰りたい・・笑

 

 

 

 

そしていざ!!

出発!!

s-IMG_6364.jpg

 

 

 

 

とにかく
【山】を歩きます。

舗装されたアスファルトなんかはありません。

 

 

 

出発前に 、

 

『計6時間のトレッキングって何!?
ある程度のところまで、車なり、チャリなりで行けるんじゃないの!?
そこまで行くのに、全部歩かなきゃいけないの!?』

 

と、声を大にして言っていたんですが、

 

 

 

答えは

YESです。

 

 

 

 

車なんかでは絶対にいけません。
チャリなんかも到底無理。

相当アクロバティックな技とか出来る人なら、
最後まで行けるかもしれません。笑

 

 

 

そんな場所を、ただただ歩くのです。

 

 

 

最初は軽快に。

 

 

 

綺麗な景色を見ては
写真を撮って。

s-IMG_6377.jpg s-IMG_6374.jpg

 

s-IMG_6382.jpg s-IMG_6406.jpg

 

s-IMG_6395.jpg
紅葉もとっても綺麗。

s-IMG_6425.jpg s-IMG_6413.jpg

 

s-IMG_6410.jpg

 

s-IMG_6427.jpg

 

s-IMG_6436.jpg

 

 

 

 

まぁ、こんなの

ほんの1時間程で終了です。(´・ω・`)

 

 

 

 

あとは、とにかく

 

しんどい。。

キツイ。。

 

 

一個山を越えたと思えば
遥か遠くにもう一個。

 

 

一体、いつになったら着くのやら。。

肩も、はち切れそう。

 

 

 

そして、しばらく歩いて
湖に到着。

s-IMG_6444.jpg

 

 

崩れ落ちるように
座り込む私たち。

s-IMG_6453.jpg

 

 

 

遠くにはフィッツロイが・・(*゚ー゚*)

s-IMG_6450.jpg

s-IMG_6459.jpg

 

 

 

 

雲で隠れていた山肌も

少しずつ、雲が取れていって・・

 

 

うわぁ。。 キレイ。。

s-IMG_6462.jpg

 

s-IMG_6468.jpg s-IMG_6534.jpg

 

s-IMG_6479.jpg

 

 

 

もうここで充・・

 

分、なんて言ったら
またケンカになるので、我慢。

 

 

 

そう、
『フィッツロイ』とは

 

 

『煙を吐く山』という意味なんだそうで

 

 

それだけ常に雲がまとわりついて
全貌がよく見えないんだそう。

 

 

 

そんな場所に私たちは、
一か八か行くのです。

 

 

こんな贅沢な景色を見ながら
持って来ていたチョコレートを頬張る。

s-IMG_9159.jpg

 

 

 

 

 

 

ほんの10分ほど休憩した後、
また立ち上がり

キャンプ場を目指します。

 

 

あまりのんびりしていると、
暗くなってしまう。

 

急ごう。

 

 

 

しかし、
リフレッシュ出来て、また勢いよく歩き出せたのは

ほんの数分。笑

 

 

『肩痛ーーい!』

『膝がもうヤバイ。』

『もう嫌ーーー!!!』

『くそったれーーー!!!』

『遠いんだよハゲーーー!!!』

 

 

 

もう、心の声を
外に吐き出すしか、

次の足を前に出す原動力になりません。笑

 

 

頑張ろう!

もう少し!

この調子!

 

 

こんなプラスな言葉なんて
ガチでキツイ時には、

なんの力にもなりません。

 

 

 

 

ものっすごい力を発揮するときって、
もしかしたら恨みにも似た

 

こんちくしょーーーー!!!!!

 

っていう気持ちから来るのかも。

 

 

 

 

 

もう、るーさんもヤバイ。。

s-IMG_9137.jpg

 

s-IMG_9139.jpg

 

 

目がイッちゃってる。笑

 

 

 

 

最初、
重い方のカバンを

『交代で持とう!』 と言って、
私からスタートしたんですが

 

20分でギブアップ。(・∀・)

自分の体重支えるのも精一杯なのに
どうしたら、こんな

くそ重いカバン持てるよ!!

 

 

 

彼は男とは言え、
私より痩せているので

可哀想でした・・(´・ω・`)

 

 

 

でも、ごめん、、
ちょっと、、

カバンは任せた!!!

 

 

 

s-IMG_9184.jpg
s-IMG_9186.jpg s-IMG_9187.jpg s-IMG_9188.jpg

 

s-IMG_9189.jpg

 

 

・・・ε=ε=ε=(ノTдT)ノ

s-IMG_9190.jpg

 

 

 

 

 

今、彼が死んだら・・

私は呪われるだろう・・。

 

 

 

 

そんな
しんどい山道を、ただただ歩くこと

6時間半・・ 

 

 

s-IMG_9193.jpg

 

s-IMG_9134.jpg

 

s-IMG_6503.jpg

 

s-IMG_9195.jpg

 

s-IMG_6501.jpg

 

s-IMG_6488.jpg

 

s-IMG_6527.jpg

 

s-IMG_6531.jpg s-IMG_6499.jpg

 

s-IMG_6518.jpg

 

 

 

 

ようやく、
それはそれは、ようやく

キャンプ場に到着したのでした。

 

s-IMG_9200.jpg

 

 

 

誰だよ・・
4時間半で着くって言ったの。

 

 

 

プラス2時間もかかりましたがっ! 

 

 

 

しんど・・
本当にしんどかった。

 

 

 

息をつく暇もなく、
私たちは、立て方もわからないテントを適当に立て、

やっと休む事が出来たのでした。

s-IMG_9327.jpg

 

 

 

 

さて、
明日はついに

フィッツロイへアタック!!

 

 


もう引き返せない。

 

 

 

 

待ってろ!!
フィッツロイ!!!

 

 

 

そして、私たちは

人生で最も過酷な1日を過ごします・・

 

 

続きはまた次回っ!

 

ではっ!