バングラデシュ

15歳の女の子。

 

 


こんにちはっ!

 

 

現在地、まだ三重県です!笑

 

ヒッチハイクで富山県を目指しているところでしょう。
大丈夫かな・・(´・ω・`)

 

 

 

 

さて、

 

日記は
ローズリーちゃんと過ごした一日。

 

 

バングラデシュのランガマティという小さな村で
会う約束をしていた女の子です。

 

ローズリーちゃんとは、朝10時過ぎ
私たちの泊まっていた宿で待ち合わせをしました。

 

 

第一印象は

『あ、この子賢い。』

 

 

 

賢い人って目力があると思いません?

 

犬とかもわかるじゃないですか。
バカ犬と賢い犬。

 

賢い犬は
凛として、目力がある。

なんか意思のある目、というか…

 

 

でもバカ犬がまた可愛いくて好きなんですけどね。

何様でしょうね、私。笑

 

 

 

 

 

ローズリーちゃんは中学生とは思えないたたずまい。

 

ほら。笑

s-IMG_6142.jpg

左が目力のある賢い犬。右がバカ犬。笑

 

 

 

 

友達の輪の中にいたら、
1人ちょっと浮いちゃうくらい

大人な雰囲気をかもし出していました。

 

 

 

さて、そんなローズリーちゃんと、
心配なのか一緒に来たお父さん。

4人でローズリーちゃんがオススメしてくれる
観光スポットに行きます。

 

 

お寺。

s-IMG_3961.jpg

 

s-IMG_3994.jpg

 

s-IMG_3972.jpg


 

これ欲しい。笑

s-IMG_3974.jpg

 

 

 

ローズリーちゃんも着ている
民族衣装、パンジャビ。

s-IMG_4165_20141105165140fc4.jpg

 

 

 

 

これ、

オーダーメイド出来るらしいんです。

 

 

 

袖の部分、使う生地。
好きなものを選んで、オリジナルに出来るんだって!

 

 

楽しそう(*´∇`*)

s-IMG_4108.jpg
s-IMG_4107.jpg

 

 

 

 

バングラデシュ人は
ほぼ365日、毎日食べてるんじゃないかと思われるカレー。

 

私たちもお昼ごはんは
一緒にカレーを食べに行きました。

3種類ほど頼んだ中の一つに

 

 

カエルのカレー・・

s-IMG_4099.jpg

 

 

カエルですよ!?

カエル!!!

 

 

あぁ・・気持ち悪い・・。(´;ω;`)

 

 

しかし、
ローズリーちゃんはこれが

大好きらしい!!

 

 

 

なので、私もチャレンジすることに・・
正直、持つのもイヤ。。笑

s-IMG_6143.jpg

 

 

 

感想は…

鳥肉と変わりませんでした(・∀・)

イケる!笑

 

 

 

 

道でも普通に
カエルが山積みで売ってます(´;ω;`)

s-IMG_4088.jpg

 

 

オェ・・

やっぱり気持ち悪い・・(´;ω;`)

 

 

 

橋。

s-IMG_4113_20141105165115271.jpg s-IMG_4127.jpg

 

 

 

ここはこの辺ではすごく有名らしく、
宿に貼ってあるポスターもここの橋でした。

 

 

どこを歩いても
日本人が珍しいのか、私たちは大人気。

s-IMG_4139.jpg

 

 

 


『日本人か?』から始まり
『俺は日本人が大好きだ』って、必ずなる。

 

バングラデシュだけじゃなかったけど、
ここバングラデシュでは、特にそうでした。

 

 

 

イメージがいいんだろうな。日本人の。

 

 

 

信頼が厚い日本企業や、日本人の国民性。

理由はいろいろあると思いますが、
本当に嬉しいこと。

 

 

それを壊すような行動は出来ないな、
と思うし、ただ単純に

好きだ、と言われて嬉しい。

 

 

 

 

 

いったんつかまると、すごく長い。笑

 

ここでつかまった人は、
握手を求めてきたあと、

15分くらい、その手を離さないままでした。笑

s-IMG_4144_201411051651278ad.jpg

 

 

 

ずっとこれで話し続けてました。笑

s-IMG_4149.jpg
s-IMG_4141.jpg

 

 

 

その後、

 

船にも乗せてもらい、
のーんびり水の音を聞いて眠くなる・・

 

 

るーさんは漕ぎ方を教えてもらってました。

s-IMG_4177.jpg

s-IMG_4180.jpg

 

 

 

なーんも無いところだと思ってたけど、

なーんも無いわけでは無いんだなぁ。

 

 

 

ローズリーちゃんは
ここはすごくいい場所!って言ってた。

 

 

カップルのデートスポットなんだって。

 

 

 

s-IMG_4158_20141105165137f7a.jpg
s-IMG_4162.jpg s-IMG_4155.jpg s-IMG_6147.jpg

 

 

 

 

 

船から降りると、

そこにはなぜか警察が。


 

 

 

『日本人か?パーミットを見せろ。』

 

 

 

 

許可証を確認しようとする警察官。
しかし、パーミット。

ホテルに置いてきてしまったアホな私たち。

 

 

 

すると、警察官は
15歳のローズリーちゃんを、

メチャクチャに怒り出します。

 

 

 

 

『はー、わかったわよ。ごめんなさい。』

と、思春期の高校生のように
イライラしてかわすローズリーちゃん。

 

 

 

現地語で何を言っているのか
一切わからなかったんですが、

後から聞くと、

 

 

外国人を船になんか乗せて
事故でも起きたらどうするんだ!!

パーミットを携帯してない外国人の身元を、どうやって確認するんだ!!

 

 

 

と、船に乗せたローズリーちゃんと
パーミットを携帯していなかった私たちを、注意していたそうなのです。

 

 

 

ローズリーちゃん、、ごめんね。T^T

 

 

 

その後も何度か別の警察官に
パーミットの確認を迫られ、

結局宿に取りに帰ったり、コピーを提出したりと、なかなか大変でした。笑

 

 

 

 

 

ジャングルだと思っていた草むらの先には、

s-IMG_4041.jpg

 

 

こんな光景や

s-IMG_4018.jpg

s-IMG_4032.jpg

s-IMG_4043.jpg

 

 

 

小さなお店。

s-IMG_4048.jpg

 

 

 

絶対、自分たちじゃ歩かない場所を
たくさん案内してくれました。

 

 

こうして、ローズリーちゃんとは
結局夜まで

ずーっと一緒にいました。

 

 

 

 

s-IMG_4054_2014110516505875f.jpg
s-IMG_4055.jpg
s-IMG_4093_2014110516505648e.jpg
s-IMG_4077.jpg
s-IMG_4031.jpg
s-IMG_4030.jpg s-IMG_4202.jpg

s-IMG_6150.jpg

 

 

 

『日本に来たら、今度は私たちが、たくさん日本を案内するよ!』

 

 

 

 

お金がないなら、
2人で出してあげたいね。

なんて話してた
私とるーさん。

 

 

でも、

ローズリーちゃんは

 

 

そう簡単に行けない

と言います。

 

 

 

パスポートのことや
日本のビザが関係するのかな。。

 

 

チャクマ族だからかな。。

 

 

 

チャクマ族。

 

 

 

 

ミャンマーから来た移民。

 

 

 

実は、

バングラデシュはイスラム教、
このチャクマ族は仏教なんです。

 

宗教が違うこのチャクマ族は
バングラデシュ人からの迫害を受け、この場所に追いやられているそう。

 

 

 

今でも紛争が起こり、
外国人立ち入り警戒地域になっているのです。
(そのため、パーミットという許可証が必要。)

 

 

 

 

そう、

このランガマティという村が
このチャクマ族が住む村なんです。

 

 

そして、ローズリーちゃんはチャクマ族。

 

 

 

ローズリーちゃんに会いに来たのは
ケンゾーイクエさんの紹介がきっかけですが

チャクマ族が暮らす村に
行ってみたいと思ったから。

 

 

 

チャクマ族のローズリーちゃんは
どんな子なんだろうと、

会うのを楽しみにしていました。

 

 

 

ローズリーちゃんは
英語がペラペラで、

将来、お医者さんになりたいんだとか。

 

 

 

でも、簡単じゃないんだって。

やりたい事に、
簡単にチャレンジ出来る環境ではないのかもしれない。

 

 

 

どこか大人びていて

ただただ今を楽しむ同年代の子に比べて
将来を真剣に考えて

 

私は他の子と違うのよ

 

オーラがすごかった。

 

 

 

 

 

 

最後、ローズリーちゃんとお別れの時。

 

 

 

 

私とるーさんが
共同財布として使っていた、

小さなお財布。

 

 

 

『可愛い!!素敵!!』

と、ずっと言っていたローズリーちゃんに
何かお礼が出来ないか、と

最後、これをあげることにしました。

 

 

 

 

抱き合って別れるとき
彼女にお財布を渡すと、


 

 

『えぇ!!!?いいの!?』

 

『プレゼントだよ。』

 

『りの!!!すごく嬉しい!!ありがとう!!!』

 

 

 

あんなにどこか大人びて、しっかりもので、
あまり喜怒哀楽を見せなかったローズリーちゃん。



 

そんな彼女が
声をあげて喜んでくれました。

 

 

 

はじめて15歳の女の子に戻ったような彼女を見て
私は、胸がギューってなった。

 

たった一日の
【浅い関係】のはずなのに、

何でだろう。

 

 

別れるのがすごく寂しい。

 

 

 

 

ローズリーちゃん、ありがとう。
出会えてよかった。

って、心底思った。

 

 

 

うまく文書に出来ないのが悔しいですが

このとき、
とてつもない切なさに

全身震えるほど襲われたのを、今でもはっきり覚えています。

 

 

 

 

喜怒哀楽とは別の感情だったと思う。

 

 

 

 

私は心から

バングラデシュに来てよかった。

って思った。

 

 

 

これも最高のタイミングなんだろうな。

何か一つでもズレていたら、
この子には会えなかったし、こんな経験出来なかった。

 

 

 

出会いは奇跡。

ありがとう。

 

 

 

 

るーさん、おうち帰ろうか。

 

 

 

 

『りのちゃん。』

 

 

『ん?』

 

 

 

『あのさ・・』

 

 


『なに?』


 

 

 

・・・。

 

 

 

『あれ、俺が買った財布なんやけど!!笑』

 

 

 

 

完全に女の友情的な感じで別れた
私とローズリーちゃん。

『りのありがとう!!』
と最後まで言っていたローズリーちゃん。

 

 

 

そうだったね。

そういえば、あの財布・・

 

 

 

 

君がチリで買ったやつだったね♡(・∀・)

 

 

 

 

おいしい所、全部持っていったりのちゃんでした(ノ´▽`)ノ

へへ・・えへへ・・。

 

 

 

めでたしめでたし♡

 

ではっ!笑