モーリタニア

聞いちゃいます・・?

 

 

こんにちはっ!

 

本日の日記は
モーリタニアで過ごした日々を

少しご紹介(*´∇`*)

 

 

 

 

砂漠の町、
シンゲッティに到着した私たちは

シンゲッティ唯一の宿
ここに宿泊。

 

s-IMG_9854.jpg

 

 

 

あ、日本語・・(゚д゚)

 

 

 

通された部屋は
ご覧の通り。

s-IMG_9849.jpg

 

 

 

部屋っちゃ、部屋だけど・・

 

 

竹で作られた
硬いベッドに

簡単に置かれた
マットレス。

 

 

 

マットレスを

何匹もアリが歩いています(´・ω・`)

 

 

 

ハエの量も
そろそろ慣れてきたとは言え・・

やっぱり多い・・(´・ω・`)

 

 

 

 

外には洗面台が一つ。

s-P6213515.jpg

 

 

 

 

昼間は暑すぎて

だいぶいい温度のお湯しか出ません(´・ω・`)

 

 

 

シャワーとトイレは
部屋から離れた場所にあります。

 

 

 

当たり前ですが、

 

 

大量の黒い虫

 

誰もが嫌いな
ゴキブリちゃん

 

生息しております(・∀・)

 

 

 

 

毎度

トイレとシャワーをするたびに
心を無にしていたのは

言うまでもないでしょう・・(´・ω・`)

 

 

 

 

洗濯は干し放題。

s-IMG_9850.jpg

 

 

 

びっしょびしょのジーパンを
そのまま干しても

1時間もすれば
カラッカラです。

 

 

 

つまり

人が生きていける暑さではございません(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

昼間は当然、
こうです。

s-IMG_4482.jpg

 

 

 

 

外なんて出たら、
逃げ場がありません。

 

 

 

10分おきに
買ったペットボトルの水がなくなります。

s-IMG_4481.jpg

 

 

 

 

それでもトイレに行く回数は
1日1回。

 

 

 

ようは

 

 

人が住んじゃいけない気候です(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

 

夜になると
生きていけるレベルの暑さになりますが

部屋は、
昼間の熱気がこもったまんま。

 

扇風機をフルで回したって
寝れたもんじゃない。

 

 

 

アリに噛まれるのか
数分に一回は

チクッ。

 

 

 

初日の夜は
朝5時まで一睡も出来ず

外に水を浴びに行っては
部屋に戻り

 

汗だく。

 

 

 

また水を浴びに行っては

汗だく・・。

 

 

 

を、繰り返し、

その後

限界を迎えた私は
マットレスを外に引っ張り出し

 

外の庭で就寝。(´・ω・`)

 

 

 

 

もう、アリが這い上がって来るのは
我慢しよう。。

外の方が断然涼しい・・

 

 

 

そして、

 

ウトウトして眠りについて
恐らく30分もしないうちに、

体を這う何かと
耳障りな音で目が覚めました。

 

 

 

 

大量のハエ。

 

 

 

 

すごい。
数え切れない。

平気で顔に止まってくる。
鼻にも入ってくる。

 

口なんか開けて寝てたら
5、6匹は食べちゃってたと思う。

 

 

蚊に刺されまくった
傷跡には、

何匹も何匹もたかってる。。

 

 

 

気持ち悪い の一言・・。。

 

 

 

 

大量のハエに襲われた私は

またマットレスを引きずって
部屋の中に戻るのでした・・(´・ω・`)

 

 

 

結果、

 

 

ほぼ寝ずに朝を向かえ

昼間は
寝不足と体力温存のため

やはり

 

 

こうなるのです(・∀・)へへ。

s-IMG_4482.jpg

 

 

 

 

さて、
ボロクソ言ってきましたが、笑

そんな私たちを
暖かく歓迎してくれた宿のオーナーが

 

この男性。

アブドゥ。

IMG_9902.jpg

 

 

 

 

おじいちゃんだと思っていたら
なんと

ピチピチの27歳。

 

 

 

ものっすごい世話焼きで
日本が大好き。

 

 

いつも
片言の日本語で、

 

『おいしい?』
『元気?』
『暑い?』

 

と、話しかけてくれます。

 

 

 

 

アブドゥが作った夜ごはんは絶品。

s-thIMG_9863.jpg

 

 

 

 

意外や意外。

モーリタニア、
ごはんうまいです!

 

 

 

 

そして、
ここモーリタニアでは

ウェルカムドリンク的な感じで
お客さんが来るとこうして
ティーを入れてくれます。

 

IMG_4444.jpg

 

s-IMG_4451.jpg

 

 

 

おもてなしの時だけではなく

朝ごはんの後や
お昼、夜寝る前なども

こうしてお茶を作るのですが、

 

 

 

この作り方がすごい!!!

と、いうか・・

 

 

長いっっっ!!!!!

 

 

 

 

作り出して
私たちが実際に頂けるまで

30分はかかります!!笑

 

 

 

 

お湯を沸騰させて
お茶葉入れて

お砂糖を、
これでもかっ!!!というくらい投入。

 

 

このさじ加減が
なかなか難しいらしく

何度も何度も味見をして
調整するんです。

 

 

 

めちゃくちゃ甘いんですが
飲むのはほんの少量なので

体に染みて、

 

すっごく美味しいわけです(*´ェ`*)

 

 

 

 

そして、

こだわる点が
もう一点。

 

 

 

高い位置から
グラスにお茶を注ぎ、

グラスに注がれてからも
何度も何度もグラス間で

 

入れたり出したりを繰り返します。

 

 

 

これも高い位置から。

s-IMG_4447.jpg

 

 

 

 

理由はたぶん2つあって

 

一つは
丁度いい温度に、下げるため。

もう一つは
お茶を泡立たせるため。

 

なぜ泡立たせるのかは
知りませんが、笑

泡立っている方がいいらしいです。

 

 

 

こんな感じに(*´∇`*)

IMG_4448.jpg

 

 

 

 

小さい頃に
作り方を教えられるらしく

一度、幼い少年にも作ってもらいました。

 

 

お茶を作れるようになって
ナンボなんですかね(*´ェ`*)

 

 

 

私もアブドゥに教えてもらいました(*´∇`*)

s-IMG_9878.jpg s-IMG_9879.jpg

 

s-IMG_9880.jpg

 

 

 

なかなか難しい。。

 

 

ミントを入れた
ミントティーも、最高に美味しいですよ( ´艸`)

s-IMG_9877.jpg

 

 

 

 

 

アブドゥなんて

庭でミント栽培してますからね!

s-IMG_9874.jpg

s-IMG_9876.jpg

 

すげぇ・・笑

 

 

 

 

アブドゥの家に招待してもらったときも
作ってもらいました(*´ェ`*)

 

 

夜、

みんな外でこうやってお茶を飲んでから
就寝するらしいのです。

s-thIMG_9872.jpg

 

 

 

 

アブドゥの可愛い子供(*´ェ`*)

s-IMG_4462.jpg

s-thIMG_9868.jpg

 

 

 

 

 

アブドゥには
本当にお世話になって

今日は夜
結婚式があるからおいで!

 

と、

 

モーリタニア式
結婚式に呼んでもらったりもしました。

s-thP6233866.jpg

s-thIMG_0295.jpg

 

 

 

女性側の親族、

男性側の親族、

 

 

と、分けて踊って祝ったり

 

3日間くらい
この結婚式を続けたりもするそう・・。

 

 

 

おもしろいですね。

 

 

 

 

 

さて、

このシンゲッティという町を一度後にして

 

私たちは、
あるツアーに参加します。


次回

死へのツアー。

 

 

 

ではっ!