モーリタニア

恐怖の後は・・

 

 


こんにちはっ!

 

今日の日記は

恐怖の砂漠ツアーから
一夜明け、

 

なんとか
3人、

無事に朝を迎えられたところからお話します(ノ´▽`)ノ笑

 

 

 

 

朝。

s-P6233768.jpg

 

 

 

 

だいごの

『イテッ!!!!!』

 

 

 

と、いう声で
目が覚めました。

 

 

 

『サソリ!!!?』

 

 

 

飛び起きた私は
隣で寝ている、だいごに声を掛けると

『糞ころがしに噛まれました!!』

 

 

 

・・笑

 

 

 

糞ころがしかい。(;´Д`

 

よく見ると
みんなが敷いていたマットレスの周りを

何周も何周も
歩いたであろう足跡が

 

 

ビッシリ(((((((( ;゚Д゚)))))))

s-thP6221720.jpg

 

 

 

寝ている間に
こんなに周りを歩かれていたなんて・・・

 

 

気持ち悪っっっ!!!!(´;ω;`)

 

 

 

 

こうして朝は始まったのです(´・ω・`)笑

 

 

 

 

さて、朝ごはんの時間。

s-P6233773.jpg

 

 

 

昨日焚き火で焼いた
でかいパンが配られました。

 

 

すかさず
だいご。

 


『座頭市。』

s-P6233770.jpg

 

 

なんか
いちいち、そういうショット撮りたがるだいご。

 

 

一緒にいる私たちは・・

s-P6233769.jpg
s-P6233771.jpg

 

 

 

そりゃ、やりたくなるよね。あはは~(ノ´▽`)ノ笑

 

 

 

そんなこんなで
砂漠ツアー。

 

思い出は
『サソリ』オンリーで幕を閉じました。笑

 

 

 

 

町までまたゆっくり帰ります。

s-P6231728.jpg s-P6233782.jpg
s-P6233803.jpg
s-IMG_0036.jpg

 

 

 

あ、この子
私が乗ってた子です。

 

 

命名
【マツナガコ】

s-IMG_0049.jpg

 

 

 

だいご・・

s-thIMG_0114.jpg

 

子供の時の弁慶みたい・・

って、るーさんと笑ってました。笑

 

 

 

 

なんだかんだ言って
とっても楽しかったツアー。

 

 

でもね、どうしても
モロッコみたいな

こんな景色が見たかったんです・・。

s-o0800060012726112082.jpg

 

 

 

 

すると
るーさん。

 

 

 

『りのちゃん。町の向こうにキレイな砂漠あるで!!!』

『え!!?』

 

 

 

るーさん、調べたらしい。

やれば出来る子やん(・∀・)笑

 

 

 

 

 

そして、見つけた場所・・。


 

 

 

え?(・∀・)

s-IMG_0132.jpg
ん?(・∀・)

s-IMG_0131.jpg

 

 

 

 

ものっすごく、

汚いんですけ・・

 

 

 

 

・・どんでん返し!!

s-IMG_0281.jpg s-IMG_0164.jpg

 

s-IMG_0166.jpg

 

s-IMG_0159.jpg

 

s-IMG_0136.jpg

 

s-IMG_0233_2014092922292793c.jpg

 

 

 

 

奥にキレイな砂漠がありました!(*´ェ`*)

 

 

 

よかった、見れて。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。゚+.゚

s-IMG_0179.jpg

 

s-IMG_0260.jpg

 

s-IMG_0261_20140929222805f75.jpg

汚しちゃダメですよ。(´・ω・`)笑

 

 

 

 

そして、次の日

 

私たちは
もう一つ、

ビックイベントを控えております。

 

 

 

ここ、

シンゲッティという町から
ワダンという町に移動します。

 

 

 

荷物を積んで
5人乗りの車でレッツゴー!

s-IMG_0344_2014092921430190b.jpg

 

 

 

道なき道を
ガッタがタの道を

ぐるぐる
ぐるぐると

 

酔いやすい人なら
失神レベルの砂漠を

ただひたすら走ること
数時間。

 

 

 

 

途中、

『オアシスがある。』 との事で寄った村。

 

s-P6243961.jpg

 

 

 

ここにどうやって住んでるのか
不思議でならないくらい

周りには何にもないし

 

水も電気も
通ってないんじゃないかな・・

 

っていう村。

 

 

 

『ここでお昼休憩だ。』

 

 

 

なんせ、モーリタニア

暑いレベルが

 

尋常じゃない。

 

 

 

車に水なんて置いといたら
沸騰するんじゃね?レベル。

 

 

つまり、

 

 

一番暑い時間
昼間~夕方前までは

 

 

移動をしない事が多いのです。

 

 

 

 

『出発は16時だ。』

 

 

 

 

ほう・・ここで
2~3時間も休憩するんですか・・。

 

ここにいたって
暑いものは、暑いんだから

だったら先進もうよ・・

 

 

っていうのが
私たちの考えですが

運転手はそうもいかないらしいです(´・ω・`)笑

 

 

 

 

 

村に入るなり

『さぁ!!生き返る時間だ!!!』

と、アブドゥ。

 

 

 

 

オ、

 

 

 

オアシスゥゥゥゥーーー!!!

s-P6243900.jpg

 

 

 

 

 

水着なんて持ってませんでしたが、

ビショビショのジーパンだって
1時間でカラッカラに乾く、ここモーリタニア。

 

 

 

迷わず

下着でジャバーーーン!!

 

 

 

キモチイィィィ----!!!

s-P6243906.jpg

あ、ちゃんとワンピース着てましたよ。笑

 

 

最高ーー!!

s-P6243902.jpg

 

 

 

なんやこいつ?笑

s-P6243910.jpg

 

いちいち、謎のショットを撮りたがるだいご。笑

 

 

 

 

ヌルヌルのヌメヌメで
だいぶ汚かったですが、

もうそんなのは

 

気にしないわけです。

 

 

 

 

 

でも

 

最後はこうやって
井戸水で

粘膜のある部分だけ
キレイに洗いました。笑

 

s-P6243935.jpg
 

オアシスでサッパリした後、
ここでお昼ごはん。

 

 

 

藁の家・・?

s-P6243959.jpg

 

 

 

入って見ると・・

 

 

おぉ!!意外としっかりしてる!!

s-IMG_0303.jpg

 

 

 

 

涼しくはないけど
外と温度が全然違う!

 

 

 

定番、
おもてなしのミントティー(*´ェ`*)

s-IMG_0302.jpg

 

 

 

こうやって
女性が作ってくれます。

s-IMG_0305.jpg

 

 

 

ここで
お昼ごはん。

s-IMG_0306.jpg

 

 

 

 

ラクダのお肉と玉ねぎを
甘くなるまで煮込んだだろう料理を頂きます。

s-IMG_0309_20140929214245135.jpg

 

 

 

もちろん、手で(・∀・)

s-P6243958.jpg

 

 

 

うまい!!!

 

 

味付け、たぶん

しょうゆと、みりんと、砂糖使ってるでしょ!!!?
っていう味です。

 

 

モーリタニア飯、
メチャクチャうまいのです(*´ェ`*)

 

 

 

 

 

そして
その後

汗だく、ハエにたかられながら
1時間ほどお昼寝をし、

 

再出発!!

 

 

 

 

また数時間
車に乗り続け、着いた町。

 

 

 


ワダン。

s-IMG_0316.jpg
s-IMG_0323.jpg

 

 

 

宿はここ。

s-IMG_4634.jpg

 

 

 

 

意外や意外。

なんとクーラー付きの宿でした!

 

 

 

が、

 

 

クーラーは昼間以外使っちゃダメだそうで
夜はもちろん

 

外にマットを引いて寝るのです(・∀・)
(今回は蚊帳付き!)

s-IMG_4603_20140929214314600.jpg

 

 

 

もう、どこでも生きていける気がする。笑

 

 

 

 

 

さて、次の日
私たちが向かう場所。

 

そもそも、
なぜこのワダンという町に来たかなんですが・・・

 

 

 

それは、、、

 

 

 

s-20130909192024fac.jpg

 

s-richat structure 6

 

s-img_16.jpg

 

 

 

 

【アフリカの目】

 

 

 

 

これを見るためです!!

 

 

 

 

続きはまた次回っ!

ではっ!