旅の情報&テクニック

【世界のトイレランキング】ドン引き!驚くべき海外のトイレ事情まとめ

こんにちは!

世界のトイレにドン引きしてきたりの(@ririririnotan)です。

旅行中ストレスの上位と言えば、各国のトイレ事情。

もちろん同じ国でも場所によって形式は違いますが、私が世界で体験したトイレで驚いたものをランキング形式でご紹介します!

心の準備はいいですか?笑

 

第10位 有料のトイレ

Photo by Tiffany

日本でもたまにありますが、トイレが有料!なんてことは結構多いです。

コインを入れないと開かないドアのトイレもあれば、トイレ入り口前に常にいる人にお金を払って用を足すこともあります(有料と言ってもせいぜい数十円)。

土地柄によりますが、トイレットペーパーも基本的には付いていないところが多く、持参するか、入り口に設置してあるペーパーを、あらかじめ使用する分だけ巻き取って個室に入ります。

 

過去、私が日本と違いすぎる環境に苦戦した日記はこちら

発狂レベル。 こんにちはっ! 今日の日記は モーリタニア!! モロッコ→西サハラ→モーリタニ...

トイレ限界で出会ったトイレが有料の場合、細かいお金を持っていないと大変なことになりますからね。。海外旅行で小銭の用意は絶対に必須。

第9位 便座がないトイレ

Photo by ckmar@rogers.com

座ってしまったらおしりがすっぽりはまってしまうため、このトイレに出くわした際には、毎度太ももが鍛えられます。

トイレの上にしゃがんでするのもアリですが、滑って落ちたら嫌なので、私は断然空気イス派!笑

第8位 桶で水を流すトイレ

Photo by invisiblebehindthelens

アジアではでかいバケツにたっぷりの水、その中に桶が浮いているトイレによく出会います。

桶を触るのも嫌ですが、用を足した後は自分で水を汲んで流さなければいけません。

私は世界一周の旅に出て、最初に出会ったトイレがこれでした・・´д` ;

第7位 便座がビニールで覆われているトイレ

Photo by すけ かく

世界一周中に出会った、数少ない衛生的なトイレ。

韓国の仁川国際空港のトイレなんですが、便器にビニールが巻かれてあって、使用前にボタン一つで新しいビニールに入れ替えてくれるのです!

すげぇ!!

ボタンを押すと、シュルシュルシュルーって新しいビニールが出てきます!

第6位 音楽が流れるトイレ

Photo by Adryan Ciubotaru

音楽の都、オーストラリア・ウィーンの駅で入ったトイレは、入った瞬間に大音量で音楽が流れ始めました。

名前は「オペラトイレ」。こんな洒落たトイレがあるなんて!笑

音姫必要なし!

第5位 おしりをホースで洗うトイレ

Photo by courtney

トイレの横に付いているホース。

レバーを引くと、勢いの良い水が飛び出してきます。これでおしりを洗います。

つまり手動のウォシュレット!

旅の初期、使い道を知らずにこのウォシュレットで洗濯をしていました。大泣

第4位 トイレがない!?

Photo by Joshua Mayer

つまり青空トイレ!

世界一周中、荒野をひたすら移動していたときに停まったトイレ休憩の場所が、広大な岩山だったことがあります。

最初は躊躇したものの、一度出してしまえばあまりの爽快さにこれは癖になります。。笑

 

【初体験】私の初青空トイレ日記

こんなに気持ちいいとはね・・。 こんにちはっ! 現在地、 バングラデシュです! ついにアジア!! 私の旅が始まっ...

いろんなものから解放された、本来あるべき人間の姿に戻った気分になりますよ。笑

第3位 日本のトイレ

Photo by stenji

突然自国のトイレをランクインさせてすみません!でも、当たり前のように使ってきた故郷のトイレ。

この当然だった日本のトイレが、世界ではいかに優秀だったのか、毎日のように実感していました。

トイレのフタが勝手に開き、暖かい便器が迎えてくれる。
日本人の繊細さがよく現れた”音姫”で音を消してくれ、おしりを洗ってくれた後、乾燥までしてくれる。
自動で水が流れ、自動でフタが閉まる。
デパートなどの個室にはご丁寧にベビーシートや着替え台まで付いている。

私は帰国して久々に日本のトイレに入ったとき、ここなら住める!と本気で思いました(大真面目)。

第2位 扉がないトイレ

Photo by Dominic Rivard

ったー!!これでも綺麗な画像探してきたんです!!泣

「ニーハオトイレ」という単語を聞いたことありますか?

都市部では数は減ってきているようですが、未だ健在のこのトイレ。下に水路が流れていて、そこをまたいで用を足します。

水路は一本しかなく、流れる方向によっては、前の人の汚物がそのまま下を通ります。。

 

扉はなく、用を足している姿が丸見え状態。

隣の人と会話をしながら用を足す、ということで「ニーハオトイレ」らしいです。

ひぃぃ!!

これを経験したら、心の何かが音を立てて崩れる気がする。

第1位 おしりを手で洗うトイレ

Photo by pindiespace

インドでは用を足した後は、左手でおしりを洗う風習があります。

インドの夜行列車に乗って外を眺めていると、水の入った缶カラ片手に、草原でう◯ちをしているインド人を何人も見かけます。

インドのトイレに入るとトイレの横には大体蛇口が付いていて、その水を手ですくい、おしりをワシャワシャと洗うんです。

私もインド滞在中に試しましたが、何度かやってみた結論としては・・

①手は前からではなく後ろから
②まずは直に触れず、すくった水を勢いよくおしり目掛けて飛ばす
③手が触れる面積や強度を少しずつ増していく

これで手にブツが付くことなく、キレイにおしりを洗えます♡お試しあれ♡

 

手でおしりを洗った経験レポート

私、すごいでしょ? こんにちはっ! 現在私はドバイにいます★ この国、ぶっ飛んでます。。笑 ...

ちなみに洗った後は、おしりを振って乾かすそうです…(インドで出会ったおじさん談)。

まとめ

その国の文化や風習をバカにする気はまったくありませんが、やはり日本で育った私としては衝撃を受けるトイレが多かったのが事実。

旅に慣れるには、まずトイレに慣れろ!

と言っても過言ではないと思います。驚きのトイレを見つけたら、また特集しますね♪笑

個人的にトイレは「くつろぎたい場所」です・・笑