旅の情報&テクニック

飛行機内での乾燥対策!手軽な保湿方法で肌トラブルを防ぐ方法まとめ

帽子をかぶった女性

こんにちは!

りの(@ririririnotan)です!

 

私はどちらかというと・・・というか、かなりオイリー肌なので、

旅をしていた20代の頃はあまり乾燥を気にしたことがありませんでした。

 

・・・が、気づけば今や33歳。。

 

テカるとこテカってるのに、目元・口元が平気で乾燥する!

機内だけじゃなく、エアコンのきいた部屋、冬・・・。

こんな私でも乾くんですから、普通肌や乾燥肌の女性はもっと乾いてるはず。

仮に自覚がないとしても、確実に肌は影響を受けています。

 

そこで今回は簡単にできる機内でのおすすめの保湿方法をご紹介します!

 

ご紹介するアイテムや方法を選んだポイントは以下の2つ。

・持ち込み手荷物を増やさないミニマムなアイテム

・匂いやコスメのとび散りなど、周りに迷惑をかけないスキンケア

乾燥対策を怠ると一気に老けます。メイクのりも最悪。楽しい旅先でそれは絶対にイヤですよね!

 

機内の湿度は20%以下!

砂漠の木機内の湿度は砂漠以下

 

まず前提に、飛行機の湿度は20%以下だと言われています。

ときには10%を切ることもあるそう。

これは砂漠と同じくらいもしくは、それ以上の乾燥具合。

つまり超乾燥してるってこと。

肌に必要な湿度は65%以上と言われているので、20%以下だなんて女性にとって大問題ですね。

お肌だけじゃなく、目や喉もかなり乾いてしまいます。

 

機内持ち込みに便利な保湿アイテム

クリーム保湿アイテムは必須!

 

■1:機内でのおすすめ保湿アイテム スティック美容液

 

おすすめはイプサの「ザ・タイムR デイエッセンススティック」


クリーム系やジェル状のものが多いと、機内持ち込み可能な液体制限に引っかかってしまうので、

こういうスティックタイプの美容液はすごくおすすめです。

 

乾燥が気になるたび、手を汚さずに目元や口元にササっと濡れるので手軽。

ポーチに入れても場所を取らない携帯用なので、これひとつ増やしたからって荷物が重くなることもないです。

 

潤い成分65%も配合。

 

カサつく場所にひと塗りで水分を大量に補給してくれ、キメが整ってふっくらなめらかな肌に整えてくれます。

 

乾燥の気になる部分に使うだけでなく、メイクの前に使えばファンデーションのノリがアップしてよれを防ぎ、メイク後はお直しにも使えます。

乾燥で浮き出る小じわ対策にも!

・潤い成分65%配合
・ひと塗りで肌に水分を大量補給
・手を汚さずに使える
・携帯に便利
・メイク後もOK

 

\お値段3,000円くらいするので、プチプラが良い方はこちらから♪/

他の美容液スティックを探す 

■2:機内でのおすすめ保湿アイテム 万能バーム

 

おすすめは、MARKS&WEBの「ハーバルリップ&ネイルバーム」

 

まずこれ、とっても小さいです。2.5cmくらい。

マークス&ウェブのバームハーバルリップ&ネイルバーム

 

その割に、中に入っているバームの保湿力は抜群。

マークス&ウェブのバームハーバルリップ&ネイルバーム

すみません。めっちゃ使ってるので、中身ほぼ残っていません!新しいの買います。笑

ちなみに、毎日使っても半年以上もちました。

 

これ、唇や指先、毛先など、乾燥する部分ケアに最適です。

バームを手にとったら、体温で温めながらなじませていくのですが、ベタつかないのに肌が柔らかくふっくらしてきます。

 

ベースはオリーブ油。

そこにシア脂、ミツロウ、野菜油を配合した天然由来原料、99%以上の保湿バームなんです。

 

MARKS&WEB公式ホームページ

 

香りもゼラニウムとカモミールの自然な匂いなので、機内で使っても周りに迷惑かけません。

・容器が小さく携帯に便利
・保湿力抜群
・肌や唇、指先、毛先など万能に使える
・天然由来原料99%以上でお肌に優しい
・ハーブの香りで癒される

 

\他にもマルチバームは今やかなり人気♪/

マルチバームを探す

■3:機内でのおすすめ保湿アイテム 乾燥がひどい人は美容オイル

 

ニキビ肌やオイリー肌の人にはおすすめしませんが、普段から乾燥気味な人は、機内では普段に増して乾燥します。

そういう方は、美容液やバームもいいですが、美容オイルを用いると◎!

 

普段から愛用しているものがあれば、小さい容器に入れ替えて機内に持ち込みましょう。

 

個人的におすすめなのは、水分と油分のバランスを整えてくれる「アルガンオイル」


 

コディナ アルガンオイル

 

不純物を取り除いた、100%オーガニックの高品質な未精製オイルなので、肌にも髪にも使えます。

肌の乾燥、髪のパサつきだけでなく、ゴワつきやくすみ、シワ、たるみも防いでくれる、マルチなアンチエイジングアイテム。

機内だけじゃなく旅行はこれ1本で充分なくらいです。

 

■4:機内でのおすすめ保湿アイテム アイマスク&マスク

 

目や喉もかなり乾燥するので、マスクは必需品。

マスクは喉の乾燥を防ぐ役割に加え、スッピンや寝顔隠しに便利なので、私は必ず持ち込みます

 

徹底的に喉の乾燥を防ぎたい方は、濡れマスクも効果的。


 

アイマスクはいつもめぐリズムのホットアイマスクを2〜3枚、ポーチに忍ばせていきます。


使ったことがある方はご存知だと思いますが、

袋から出してすぐ40度まで暖かくなるので、お風呂に入っているようですんごく心地良いんです。

保湿後にこうして密閉&目元を温めると、美容成分が肌に浸透しやすくなってより肌がふっくら整うので一石二鳥

 

さらに、ラベンダーなどハーブの香りが楽しめるので、入眠を促してくれるのも機内にはピッタリ

 

暖かさは10〜20分程度でなくなりますが、香りは続きます

そのまま寝てしまってもアイマスク代わりになるので私はいつも起きるまで付けてます。

 

朝起きて朝食が配られる前は、逆に目元スッキリタイプでさっぱりさせるんですが、疲れやむくみがスーッと取れるのでおすすめ♪


ダブルで付けたら変人になっちゃいますが…笑

マスクをしている女性顔面すべて覆ってます。笑

 

■5:機内でのおすすめ保湿アイテム 目薬

目薬目の保湿も忘れずに。

 

説明不要かと思いますが、目の乾燥が気になる人は目薬も機内に持ち込みましょう。

 

機内でできるシンプルだけど超重要な乾燥対策方法

女性の顔と手乾燥は肌トラブルを引き起こす

 

■1:メイクを落としてから搭乗する

泡だらけの子供搭乗前に落とすのがベスト

 

メイクの上から保湿できるアイテムもありますが、メイクをした状態での乾燥地帯に侵入するのは老化のスピードを一気に早めます!

 

ロングフライトならメイクは落としてから飛行機に乗り込んだ方がいいです。

 

それに機内は密室で、隣や前後の席との間隔も狭いので、あまり念入りにスキンケアしづらいのが現状。

できれば搭乗前のお手洗いで、クレンジング〜保湿までおこなった状態で搭乗するのがベストです。

 

■2:アルコールやカフェインを控える

ビール瓶アルコールやカフェインには利尿作用がある

 

アルコールやカフェインなど、利尿作用があるものは控えた方が◯。

アルコール類や緑茶、コーヒー、コーラなどは、飲んだ量以上の水分が体から排出され、脱水を引き寄せます。

長時間フライトではとくに気をつけましょう。

 

■3:エアコンの風向きを変える

飛行機内の天井暑くても寒くても風は直接浴びない

 

可能ならエアコンの風を直接当てないように調整しましょう。

それによって寒くなるようなら、ブランケットや重ね着で調整すること。

エアコンの風は肌だけでなく、目や喉の乾くスピードも上げてしまいます。

 

■4:水分をこまめにとる

コップに入ったミネラルウォーターできれば常温で

 

冷たい水をがぶ飲みしてしまうと、トイレに行きたくなる回数が増えてしまうので、

可能なら常温のお水を喉が乾く前にちょくちょく摂取するのをおすすめします。

 

結局肌の乾燥は、体の水分が不足しているから。

 

外から美容液を押し込むのも大切ですが、中から潤すのが一番効果的です。

喉が乾く前にこまめに水分補給をする以外にも、寝る30分くらい前と起床後も忘れずに。

 

■5:サプリメントを飲む

サプリメントサプリは足りない栄養を補うもの

 

乾燥を防ぐ潤い成分は、たんぱく質です

 

たんぱく質食材には、

ハリを与える「コラーゲン」、水分保持してくれる「ヒアルロン酸」、コラーゲンの生成を助ける「イソフラボン」、美肌を作る「ビタミンA」や「ビタミンB群」

が含まれています。

 

日頃からたんぱく質をしっかり摂取すること、足りない分はサプリやプロテインで補給することをおすすめします。

 

機内では外からの保湿の他、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分配合のサプリで、中からも保湿すると完璧。

飲んだ直後に乾燥肌が治る!というワケではありませんが、乾燥のひどい場所で過ごすときや、その前後に摂取しておくのは有効です。


 

■6:飴をなめる

たくさんのキャンディー飴は喉の乾燥を防いでくれる

 

喉が乾燥すると風邪を引きやすくなります。

飴は好きなものを選べばいいと思いますが、私はいつも大正製薬ヴィックスを1本ポーチに入れてます。


 

殺菌・消毒作用があるので、喉がイガイガする風邪の引きはじめに効果的だし、お口の中も消毒してくれます。

 

味が豊富でシュガーレスもあるので、選び放題。

普通ののど飴より少し高いですが、私は風邪には絶対これです。

 

あと、定番の「カンロ健康梅のど飴」「カンロたたかうマヌカハニーのど飴」もおすすめ。

甘くて濃厚。

単純にめっちゃ美味しいです。笑

まとめ

 

機内での乾燥対策まとめ

【おすすめの保湿アイテム】

■1:荷物にならないスティック美容液や万能バームで肌を保湿
■2:乾燥がひどい人は美容オイルを使う
■3:マスクやアイマスクで保湿後の肌を密閉
■4:目薬をさす

【乾燥対策方法】

■1:メイクを落としてから搭乗する
■2:アルコール&カフェインの摂りすぎに注意
■3:エアコンの風向きを変える
■4:水分をこまめに補給する
■5:サプリメントを飲む
■6:飴をなめる

乾燥は肌トラブルの大きな原因になります。機内は絶対に水分を奪われる場所なので、みなさんしっかり対策してくださいね!