セネガル

ピンクの奇跡。

 

 

 

こんにちはっ!

 

 

今日の日記は、
ついに、ついに、、

ラックローズ!!

 

 

 

さて、

そのラックローズに行く前に
午前中はみんなで

バーベキューです!!!

 

 

 

ムックが

『海辺でバーベキュー出来る場所あるから、そこ行こうか!』

 

 

 

普通に旅行で来てたら
絶対に知らないような場所。

 

 

 

市場で食材を買い・・

s-IMG_4905.jpg s-IMG_4902.jpg

 

 

 

値段交渉は
100%ムック頼み。笑

 

 

 

こんな場所を歩いていき・・

s-IMG_4910.jpg

 

 

この奥にあるの・・?(;´Д`

 

 

 

到着した場所。

s-IMG_1172.jpg

 

 

わゎゎゎゎ・・・(((((((( ;゚Д゚)))))))

s-IMG_1177.jpg

 

 

めちゃくちゃいい!!!

なんちゅう穴場を知ってるんじゃ、ムック・・。

 

 

 

ここでそれぞれ
野菜を切ったり、準備を始めます。

IMG_4918_201410051928590d4.jpg

 

 

 

ムックが作った
特製、バーベキューソース。

IMG_4915_201410051928568fd.jpg
これが

めちゃくちゃうまかった!!!

s-IMG_4919.jpg

 

 

 

マンゴーとか入れて
うまく甘みを出していたムック。

 

すげぇ・・。。

 

 

 

そして焼きます!

s-IMG_1181.jpg

 

 

 

私は食べることに集中。

 

 

それが自分の使命だと思うし、
だって、ほら、

一番年上だから、後輩の仕事取っちゃ悪いよね?(・∀・)

 

 

 

でも、ブログ用に
焼いてるショットも要求(・∀・)

s-IMG_1182.jpg

 

 

 

すぐ食べに戻りましたけどね♡

性格悪っ!笑

 

 

 

もう、
美味しいこと、美味しいこと・・(*´ェ`*)

s-IMG_4920.jpg

 

s-P7074625.jpg

 

s-IMG_1192.jpg

 

 

 

 

ドイツ在住、だいごはビールが大好き。

 

そんなだいごに乗せられて
飲めないくせに飲んでしまったるーさん。

 

 

 

10分後。

s-IMG_4926.jpg

 

 

 

南米で知った
お気に入りの流行り曲を

 

 

 

熱唱してました(;´Д`

s-IMG_4933.jpg
s-IMG_4932.jpg

やだやだ、酔っ払い・・笑

 

 

 

 

もう、海老が最高にうまかった(*つー`*)

s-P7074630.jpg

s-P7074636.jpg
s-P7074631.jpg

え、大丈夫?笑

 

 

 

s-IMG_4922.jpg

 

 

 

 

さて、
バーベキューを楽しんだ後は、

 

ついに、、

 

夢にまで見た、

 

 

 

ラックローズ・・。

 

 

 

 

 

おさらいしますよ。

 

ラックローズとは・・

121221ECLR01_201410051924435a6.jpg

004.jpg

 

 

 

これですよ、これ。

 

ピンクの湖。

写真を見る限り、
ピンクの度合いがハンパない。

加工してんのか・・?
でもすごい。

 

 

 

いちごみるく!!!!(*´ェ`*)

 

 

 

 

 

なぜこんな色になるかと言うと、
『藻』の大量発生が原因らしいんですが、

もう一つは
プランクトンの大量発生。

 

 

 

ムック曰く、
雨の次の日と、朝一、夕暮れ前、が

一番キレイに見れるんだとか・・。

 

 

 

 

でもね、
時期ももちろんあって、

湖面が低くなる乾季が
一番キレイに見えるよう。

 

 

 

その中でも

4月~5月がすごくキレイって聞いていました。

 

 

 

今は7月・・。

 

 

無理か。。

と諦めていたんですが、
でもね、ムックが言ってたんです。

 

 

 

『今、結構いい時期らしいで。』

 

 

 

ムックも2~3回
ここに訪れているそうなんですが

今のところ一度もピンクの状態は見れていない。

 

 

 

だけどね、
理由は忘れたけど、

結構いい時期なんだって!!笑

 

 

 

もう、そのフレーズしか覚えてない!
なんでか、なんて聞いてない。笑

セネガルに住んでるムックが言うんだから
間違いない!!!(ノ´▽`)ノ笑

 

 

 

 

しかも3日くらい前に

雨降った。

 

 

 

 

きっとイケる!!!

 

 

 

 

 

 

タクシーに乗って
ダカールから1時間ちょっと。

眠くなってウトウトしていた時でした。

 

 

 

『着いたよ。』

 

 

 

 

目の前に湖が見えました。

 

 

 

『え!?あれラックローズ!?』

 

 

 

 

遠くにうっすら見えていた湖は・・

 

 

 

 

ただの湖でした(・∀・)

s-IMG_1209.jpg
s-IMG_1208.jpg

 

 

 

 

 

ま、大体予想はしていましたよ。。

可能性は低いと・・。

 

 

 

でも、

ここまで来たからには
見たかったなぁ。。

 

 

 

 

初めてこの画像を見たときの、衝撃。

121221ECLR01_201410051924435a6.jpg

 

 

 

 

思い出したら
いま自分が本当にここにいるなんて

夢見たいで

 

本当にすごいこと。

 

 

 

 

絶対に行けない場所だと思ってたから。

でも私来たんだなぁ、ここに。

 

 

 

 

ピンク色が見えなかったのは
本当に残念だったけど、

ここに本当に来てしまった自分に驚きなのと、
ここに来る機会を与えてくれたムックやだいご、るーさんに

本当に感謝。

 

 

 

 

ピンクじゃない限り
ただの湖だけど、笑

ここまで来たんだから
降りて歩こうか。

 

 

 

みんなで降りて
湖のほとりを歩いていると

お土産を売る女性が
どこからともなく、やって来ました。

s-IMG_1203.jpg

 

 

 

 

どこで私たちを見ていたんだろう。。

 

 

 

歩き出して、本当すぐのことでした。
観光客は他にいないんでしょう。

 

気づいたら
何人ものお土産売りに囲まれていました。(;´Д`

 

 

 

 

 

完全にターゲットは私たち。

s-IMG_4937.jpg

 

 

魔の手が伸びます。

s-IMG_4938_20141005185643a08.jpg

 

 

 

 

そして、

彼女のターゲットが決まりました。
中途半端に
答えてしまう私の横から離れません。

 

 

 

 

だいごとムックに見捨てられた私。笑

s-IMG_4942.jpg

 

 

 

正直、買うつもりはゼロ。

観光地で買う、こういうのって
本当に高い。ぼったくって来る。

 

 

 

し、

 

 

 

そもそも、いらない。

ごめんなさい。

 

 

 

だから、ひたすら
流してたんです。

 

 

『あなた、名前は?』
『りのだよ。』
『ハイ!りの!これ見て行ってよ。』
『ありがとう。でも私に必要ないわ。』

 

 

 

『そんなこと言わずに!見るだけよ!ほら!』

 

 

 

 

 

見てしまったらおしまいだ、と思った私は

断固、見ない。

 

 

 

 

ずーっと付いて来る
お土産売りをかわしながら

(かわせてる?笑)

 

『せっかくならボートに乗ろうか。』
と、みんなでボートのある場所へ。

 

 

 

 

『またここに戻って来るのを待ってるわよ!!』
『はいはい、あとでね~!』

 

 

 

 

適当に返事をしながら
ボートへ乗り込みます。

s-IMG_1229.jpg

 

 

 

 

ふぅ・・解放された。

のんびりラックローズを楽しませてよ。

 

 

 

 

ボートに乗って一息ついて

水の音を聞きながら
ひたすらぽけーっとする。

 

 

 

 

よく見ると、

水の色・・

 

 

 

茶。

s-IMG_1226.jpg

 

 

 

ピンクではないけど、

 

 

茶。

s-IMG_1226.jpg

 

 

 

 

ボートに乗せてくれたおっちゃん曰く

ここは塩分がすごく高い。

 

 

 

ここで塩がたくさんとれるんだって!

 

湖の横には
たくさんの泡。

 

s-IMG_1215.jpg
s-IMG_1224.jpg

s-IMG_1220.jpg
s-IMG_1239.jpg

 

 

 

 

塩分が高いから
こうやって泡が発生してしまうんだそう。

s-IMG_1218.jpg

 

 

 

可愛い(*´ェ`*)

s-IMG_1240.jpg

 

 

 

 

30分ほどボートに揺られ、
陸に戻ると、

本当に待ってた・・

 

モンスター!!!

 

 

もう、モンスターです。
買うまで離れません。笑

 

 

 

ボートを降りると

『ボートの後、見るって言ったでしょ?』
と、お土産を売りつけて来る。

 

 

 

『じゃあ・・見るだけだよ。』

 

 

 

モンスターの持っていたお土産を
のんびり眺める私。

 

 

 

『ん~可愛いけどなぁ。。趣味じゃないなぁ。。笑』

『ごめんね!欲しいのないわ!』

 

 

 

そう、はっきり言って
じゃあね、とまた歩き出すと

 

 

 

 

『待ちなさいよ!!これ、あなたにピッタリよ!!!』

 

『これはプレゼント!!その代わり、こっちを買ってちょうだい!!』

 

『どうして買わないの!?』

 

『買いなさいよ!!!!』

 

 

 

 

いや、

それ、商売じゃないよ?(´・ω・`)

 

 

もう、こっちの好みとか
そんなの関係ない。笑

欲しいか、欲しくないかなんていう
こっちの事情は関係ない。笑

 

 

 

『買わないなんて人でなし!!!こっちは生活がかかってるのに!!!』

 

 

 

 

そしてついに
ここまで追い込まれました。

s-P7070997.jpg

 

 

 

『買いなさい!!さもなければ、突き落とすわよ!!!』

と、言わんばかりの
水辺への追い込み。笑

 

 

怖い・・。

 

 

 

モンスター、怖い!!!

 

 

 

 

そしてムック。
一喝。

 

 

『彼女はいらないって言ってるの!必要ないのよ!!』

 

 

 

的なことを
現地語でバシッっと一言。

 

 

 

 

モンスターたちは
舌打ちをして帰って行きました・・。

 

 

 

 

ムック・・強くなったなぁ・・。

会ったの昨日だけど。笑

 

 

 

 

そして、ようやく、
自分たちの時間が出来た私たち。

 

 

さっきも聞いた通り
ここの塩分濃度は

めちゃくちゃ高い。

 

 

 

海水の10倍。

実に水の40%が塩らしいです!!

 

 

 

あの死海ですら
及ばないらしいですよ。

死海の1.5倍だとか。。

 

 

 

 

つまり・・

 

 

 

 

浮くのです!!!

 

 

 

 

 

そうなったら
私たちの行動は一つ!!!!

行ってきます!!

s-IMG_1246.jpg

 

 

 

浮く=死海

 

 

 

死海で浮く日を楽しみにしていた私は

先にラックローズで体験しちゃいました!

 

 

 

 

普通に浮きます!!

s-IMG_1250.jpg

 

 

 

 

 

どんな感じか?って?

 

 

お水がちょっと弾力あるように感じて、
そこに乗ってる感じです!!

 

 

 

そして

めちゃくちゃしょっぱい!!!!

 

 

蚊に刺されたところが
しみるぅーーーー!!!!笑

 

 

 

 

でも、肌にめちゃくちゃいいんだとか。


 

 

虫刺されの痕も傷口も、キレイに治るぞ!!!

と、ボートのおっちゃんは言っておりました。(・∀・)

 

 

 

 

塩って、水分を吸いだす力があるから

顔なんかを塩パックすると、
無理に化粧水とかでうるおいを与えるよりも

自らの体から
水分を出して、天然のうるおいが出せるから

 

すごくいい!!

 

 

 

って聞いたことがあるけど

肌にいい、っていうのは
そういうことなのかな?

 

 

きゅうりだったら
シナシナになるけどね?笑

 

 

 

 

 

とにかく、このラックローズ、
肌にいいらしいです!笑

 

 

もちろん、入りすぎは厳禁!笑

 

 

 

 

 

こうして、私たちは、
ピンクのラックローズは見ることが出来ず、

モンスターに怯えながら、
でもお肌つるつるで、帰宅の途へつくのでした。

 

 

 

 

ちなみにこのラックローズ。
もう1年3ヶ月くらい

ピンクの状態になっていないそうです。

 

 

 

 

 

本当にいろんな条件がピッタリ重なったときじゃないと、
こんなのは見れないんでしょうね・・。

 

ef59cecedcc55c888c07511833c43af900a94da9.jpg

 

 

 

 

 

幻のピンクの湖。

ラックローズ。

 

 

 

行ったからって見れるもんじゃない
このラックローズ。

 

 

 

やっぱり、絶景ってこうじゃなくっちゃね。

 

 

 

ここに来るのも大変なのに
見るためには

【運】も必要だなんて、

 

 

 

 

究極の絶景スポットに認定します!!(*つー`*)

 

 

 

 

 

いつか、また
ここに来れる日が来ますように。

140124mizuumi1.jpg

 

 

 

 

 

ではっ!