旅の情報&テクニック

海外旅行でWi-Fiは本当に必要?なくてもいい人や準備していくべき人まとめ

海外旅行でWi-Fiは本当に必要?なくてもいい人や準備していくべき人を

こんにちは!女子旅専門家のりの(@ririririnotan)です。

今日の記事はこんな人に役立ちます
  • 海外に行くとき、本当にWi-Fiが必要なのかどうか知りたい
  • 自分はレンタルWi-Fiがあった方がいいかどうか知りたい
  • Wi-Fiがなくても海外旅行は可能なのか知りたい

海外に行くと、日本とまったく同じようにインターネットが使えないのがネック。

そのためレンタルWi-FiやSIMカードなど用意して行く人もいますが、実際海外でWi-Fiって必要なんでしょうか?

今日は50ヶ国以上の国を巡った私視点で、海外Wi-Fiの必要性を解説したいと思います

りの
りの
旅先でのWi-Fiをどうするかの判断材料にしてみてくださいね♪

海外でのWi-Fiの必要性

海外でのWi-Fiの必要性

結論から言うと、海外でのWi-Fiの必要性は「大いにアリ」。

国内・海外関係なく、今はインターネットは必須の時代ですよね。

現代人は何をするにもインターネットに依存しています。

そのため海外でもインターネット環境は必要と考えますが、じゃあ実際どんなときに使用することが多いんでしょう?

海外でWi-Fiを利用するタイミング
  1. 目的地までの行き方や移動手段を検索
  2. 地図アプリで実際のルート検索
  3. 言葉がわからないときの翻訳
  4. ウーバーなどの配車アプリを利用
  5. LINEなど、現地での連絡手段
  6. レストランやチケットなどのネット予約
  7. 旅先でのトラブル時
  8. SNSの閲覧、更新
  9. その他、検索全般

パッと思い返してもこれくらいは出てきます。

普段からそれほどWi-Fiを使わない人でも、海外ではぶっちゃけ使う機会が多いです。

例えばWi-Fiが使えないとなると、

空港からホテルまでの行き方
(移動手段・時間、料金相場、バス停などの場所、降りる場所、ホテルの住所・外観…etc)

とりあえず空港からホテルに行くまでのこれらの情報を、事前に調べておかなければいけません。

他にも通貨のレートや相場、クレジットをメインで使わない場合、いくら両替すればいいかなど、結構調べておくことは多い。

状況も変わるので(乗り間違えて迷ってしまった、トラブルに巻き込まれてしまった、調べた情報が古かったなど)、新規の情報を調べることができない状態は、結構リスクです

空港やカフェなど、海外ではフリーWi-Fiを使える場所も多くありますが、多くはセキュリティ面でリスクがあります。

さらには、

  • 遅すぎて使いものにならない
  • Wi-Fiは飛んでるんだけどうまく繋がらない
  • 結局有料

ってところも想像以上に多いです。

りの
りの
Wi-Fiがないと海外旅行はできないのか、と言われると、決してそんなことはないのですが、安全面を考えると私としては海外でのWi-Fiの必要性は「大いにアリ」だと思います。

海外でWi-Fiが必要な人

海外でWi-Fiが必要な人

インターネット環境はどんな人であろうとあった方が安心ですが、以下の人たちはとくに、できるだけ海外でWi-Fiが使える準備をしていった方がいいと思います。

Wi-Fiを準備していった方がいい人の例
  1. 事前調査が嫌い、苦手な人
  2. 地図が読めない人
  3. 初めての土地、初めての一人旅など「初めて」の人
  4. ネット検索やSNSをよく見る、投稿する人
  5. 長距離バスなど長時間の移動が旅程にある人
  6. 言葉に不安がある人
  7. 同行者と連絡を取り合える手段を作っておきたい人
  8. 突発的なトラブルなど、不安が強い人
  9. 便利で快適に旅行したい人
  10. 現地でお店やチケット予約をする可能性のある人

この辺りですかね。

やはりいつでも使えるインターネット環境というのは、娯楽のためだけでなく、旅先ではとくに安心だし安全です。

世界中でいろんなトラブルに遭ってきた私としては、「旅のトラブルのほとんどはWi-Fiで解決する」と言っても過言ではないと思っています。

もちろんすべてのトラブルが解決するわけではありませんが、海外って本当に「予想外」の連続。

  • 空港についてからホテルまでの行き方を調べればいいと思っていたら、空港でWi-Fiを使える場所がなかった
  • ホテルでWi-Fiありと書いていたのに、ロビーだけで部屋では使用できなかった
  • ストライキが起きて調べていた移動手段が利用できなくなった
  • 情報が古くて、空港から出ているはずのバスが廃止になっていた

など、本当にこういうのが当たり前のようにあります。

予期せぬ事態に巻き込まれたとき、新しく情報を入手できるツールがあるというのはやはり強いです

道に迷ったり、計画通りいかなかったせいで、「飛行機に乗り遅れた」なんて人もいますしね。

りの
りの
経験上、事前調査だけではカバーしきれないこと、海外では本当に多いんです。

海外でWi-Fiが不要な人

海外でWi-Fiが不要な人

正確には「フリーWi-Fi」で十分な人ですね。Wi-Fi自体はこの時代必須ですから。

フリーWi-Fiで十分な人の例
  1. 事前調査が好き、しっかりできる、億劫にならない人
  2. オフラインマップを使いこなせる人
  3. 何度も渡航しているなど、渡航先の情報を網羅している人
  4. 日中SNSやネット検索はほとんどしなくて大丈夫な人
  5. 語学が堪能な人
  6. 旅慣れている人
  7. 冒険好きな人
  8. 超短期旅行
  9. 添乗員同行のパッケージツアーに参加する人

この辺りの人たちは、カフェやホテルのフリーWi-Fiだけでも十分やっていけると思います。

語学が堪能で旅慣れているからって、トラブルに遭わないとは限りませんが、何か予定が狂ったときでも、臨機応変な対応ができると思います(もちろん絶対ではありません)。

ただし、いくらフリーWi-Fiがあると言っても、セキュリティ面での危険性は大

パスワードを使ってログインするものだったり、クレジットカード情報を入力するものだったり、どんなに旅慣れている人でもリスクはあるので、その辺をしっかり頭に入れておいてください。

りの
りの
私個人としてはどんなに旅慣れていても、自由に使えるWi-Fiは絶対にあった方がいいと思ってます。上記に当てはまる人でも、Wi-Fiを用意して行こうかな、って人は次の章を参考にしてみてください。

海外でWi-Fiを使う方法は4つ

一般的な旅行でWi-Fiを使う方法は以下の4つ。

  1. フリーWi-Fi
  2. 大手キャリアのパケット放題
  3. プリペイドSIMカード
  4. レンタルWi-Fi
りの
りの
説明していきますね。

フリーWi-Fi

フリーWi-Fi

無料で利用できるWi-Fiです

ホテルやカフェ、レストラン、空港など、よっぽどローカルなところでなければ、ほとんどの場所で見つけることができます。

ただし、列車やバス移動ではまだまだ普及していないところも多く、Wi-Fiは飛んでるけどまったく繋がらない、なんてことも海外では多いです。

場所によっては接続が不安定で、「使えないも同然」ということも結構あるし、いくらカフェで使えると言っても、通りがかりにちょっとWi-Fi借りる、なんてことはできないところが多いです(利用者のみが使えるようになっている)。

ホテルはほとんどでWi-Fi利用が可能ですが、場所によってはロビーのみ、部屋での利用は有料、または不可能ってことも。

ホテル予約するときは、Wi-Fiの有無だけでなく、利用者の口コミでWi-Fiについて書かれていないかどうかもチェックした方がいいです

大手キャリアのパケット放題

大手キャリアのパケット放題

これは、他のWi-Fiを利用する手段に比べると割高。

docomoもauもSoftBankも、サービス名は違えど内容は一緒です

1日1,980円~2,980円でインターネットが利用できるというもの(利用容量が少ない場合1,980円、一定の容量を超えると2,980円になる)。

メリットは、今使っているスマホでそのままWi-Fiを利用できること。余計な機材は一切必要ありません。

デメリットは、料金が高いこと

りの
りの
普通に使っていたら一定の容量はおそらく超えるので、1日2,980円。制限なく使えるのは嬉しいけど、1週間程度の旅行で2万超えは、私にはちょっと痛いかな。

 

ただ、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT2.0」は、めちゃくちゃおすすめ!

 【楽天モバイル】

日本で容量使い放題な上、通話もかけ放題。

そして、このまま海外に持っていってもインターネットを使えるんです(世界66ヵ国対応)!

その上、1年間月額料金無料で、楽天ポイントもがっつりもらえます。

ぶっちゃけ、Wi-Fiをよく使う人、海外に行く機会が多い人は、契約しないと損

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT2.0」とは?おすすめポイントと賢い使い方まとめ
楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT2.0」とは?おすすめポイントと賢い使い方まとめ こんにちは!女子旅専門家のりの(@ririririnotan)です。 ちなみに読み方は楽天モバイル「アンリミット」です。...
りの
りの
もちろん私も契約しました!\(^^)/

プリペイドSIMカード

プリペイドSIMカード

ある程度慣れている人ならプリペイドSIMカードが便利。

SIMカードって何?って方はこちらを参考に。

SIMフリースマホが必須ですが、事前にSIMカードを用意しておく、もしくは現地で買えば、今のスマホでそのままインターネットが利用できます

その上プリペイド式だから、帰国後の高額請求の心配もなし。

4つの中で費用も一番抑えられます

ただし、スマホ側で初期設定をしなければいけないのがネック。SIMを入れてすぐに使えるわけではないのです。

現地で購入する場合は、店員さんに設定をお願いすることも可能。

英語が苦手な人が現地でSIMカードを買って、設定までお願いするのはちょっと勇気がいると思いますが、日本でSIMカードを用意して行くよりも安くていろんなプランを選べます。

日本では、Amazonなどであらかじめ購入可能です。

SIMカードのサイズ、対応している国やデータ量、利用できる期間に注意しなければいけませんが、旅行前に準備できます。

ただしこの場合、一応日本語で設定方法が書かれた説明書が付属されているかと思いますが、全部自分で設定しなければいけません。

りの
りの
SIMカードは安くて便利ではありますが、面倒なことが苦手、細かい操作がわからない!って方にはちょっと不向き。

SIMカードを購入するときはこちらを読んでからどうぞ。

レンタルWi-Fi

レンタルWi-Fi

大手キャリアのパケ放題とSIMカードのちょうど間くらいの立ち位置なのがこの「レンタルWi-Fi」

  • SIMカードに比べると費用はかかりますが、大手キャリアのパケ放題よりお得。
  • ルーターを持たなければいけませんが、申し込みや設定はとてもシンプル。
  • SIMカードやパケ放題は端末(スマホ)一台に対してのサービスだけど、ルーターは複数人で使える。
  • Wi-Fiが繋がらない、など何かトラブルがあったときも日本語サポートが万全なので安心。
  • 定額制なので帰国後の高額請求も心配なし。

りの
りの
「大手キャリアは高いけど、SIMだと訳わかんね…」という人にちょうどいいサービスなんです。

\初めての人に間違いない海外Wi-Fiレンタル/

海外専用グローバルWiFi

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

海外ではWi-Fiがあった方が安心!

海外ではWi-Fiがあった方が安心!

ということで、海外でのWi-Fiの必要性まとめ。

海外でのWi-Fiの必要性

便利さ、当日の状況の変化、突発的なトラブル、セキュリティ面から、いつでも使えるWi-Fiはぜひ用意していきましょう。

海外でWi-Fiが必要な人
  • 事前調査が嫌い、苦手な人
  • 地図が読めない人
  • 初めての土地、初めての一人旅など「初めて」の人
  • ネット検索やSNSをよく見る、投稿する人
  • 長距離バスなど長時間の移動が旅程にある人
  • 言葉に不安がある人
  • 同行者と連絡を取り合える手段を作っておきたい人
  • 突発的なトラブルなど、不安が強い人
  • 便利で快適に旅行したい人
  • 現地でお店やチケット予約をする可能性のある人
海外でWi-Fiが不要な人
  • 事前調査が好き、しっかりできる、億劫にならない人
  • オフラインマップを使いこなせる人
  • 何度も渡航しているなど、渡航先の情報を網羅している人
  • 日中SNSやネット検索はほとんどしなくて大丈夫な人
  • 語学が堪能な人
  • 旅慣れている人
  • 冒険好きな人
  • 超短期旅行
  • 添乗員同行のパッケージツアーに参加する人
海外でWi-Fiを使う方法
  1. フリーWi-Fi
  2. 大手キャリアのパケット放題
  3. プリペイドSIMカード
  4. レンタルWi-Fi

フリーWi-Fiだけでも旅行はできますが、いつでも自由にWi-Fiが使えることは、便利さだけでなく安全面から言っても重要です

Wi-Fiを用意する場合、多少料金はかかりますが、それも重要な旅予算。

無理に削らず、しっかり準備していくことをおすすめします。

りの
りの
Wi-Fiが使える時代に旅行ができることに感謝!^ ^